冷風ブローでヘアビューザー2Dの効果を最大限に

11bbdb7f85efabb2ac33c0700b7fd4dc_s

ヘアビューザー2Dは、髪や肌の細胞を活性化させることができるドライヤーとして人気を呼んでいます。

これまでとは全く違う新しい技術と発想で作られていて、傷んだ髪を蘇らせる力があります。

ブローするだけで髪にハリとボリュームが出てくるので、魔法のようなドライヤーと言っていいでしょう。

多くの美容師からも絶賛されているドライヤーなので、髪質をしっかり改善したい人におすすめです。

ヘアビューザー2Dプラスは業務用ドライヤーとして販売されている機種で、都内のサロンで使っていない所はないくらいによく使われています。

最大の特徴はパオプログラミング技術が搭載されているところで、セラミックを通過した風を送るとキューティクルを整える効果が期待できます。

バイオプログラミング技術は細胞を元気にする技術で、髪のタンパク質と水分が結合しやすくなるので髪全体の水分量をアップすることが可能です。

ただしヘアビューザー2Dの効果を最大限に発揮するには冷風ブローが必須です。

なぜなら、バイプログラミング技術は温風では効果を得にくい特性があるからです。

肌のたるみ改善やリフトアップ効果を期待するなら、冷風を肌に当てることで細胞を活性化させる必要があります。

美顔器としても使えるのがヘアビューザー2Dの魅力で、バイオプログラミングされた風を顔に当てると髪が美しくなる上にリフトアップが可能です。

ヘアビューザー2Dで髪を温風で8割ほど乾かした後、仕上げに冷風ブローを使用すると髪の艶をアップしてうねりやパサつきを改善する効果が得られますよ。

コメントを残す