首イボの原因と対策方法

0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s

首イボには2種類あり、ウイルス感染性のイボと非感染症のものがあります。

 

首イボは殆どは非感染症のものが多く非感染症の首イボも3種類に分けることができます。非感染症の首にできるイボの原因のひとつは年齢が高い人にできるイボやスキンダックと呼ばれる年配に多くできるイボがあります。

 

また軟性線維腫と言われるイボもあり年齢を重ねるとできやすい傾向にありますが20歳くらいでもできる首のイボです。この首イボは悪い腫瘍などではないので心配はいらないイボで、原因は加齢による老化現象で肌のターンオーバーが低下することや若い頃から紫外線を浴びて肌にダメージを与え続けるなど長年の肌ダメージが考えられます。

 

首イボは加齢によってできる場合が多いですが、イボができないようにする対策は若い頃から紫外線対策をすることが大切なことです。また加齢によって肌のターンオーバーが低下することでもイボはできるため、肌を乳液やクリームなどで保湿して肌のターンオーバーを促進させる首イボ対策も必要です。

 

治療は皮膚科で可能でレーザーを使った治療や内服薬の服用する治療法などがあります。首にできるイボはイボ専用のクリームなどを塗ることでセルフケアすることも可能です。

 

ウィルス性のイボの場合はセルフケアでは治療はできないだけではなく、放置すると他の人に移す可能性もあるため、セルフケアをしていても治らない場合やイボが増えてしまう場合は皮膚科を早めに受診することも必要なことです。

コメントを残す