病院で治せるの?痛風の初期症状とは?

OOK151013400I9A0835_TP_V

日頃の食生活や生活習慣によって尿酸値が高まることで起こる痛風ですが、初期症状とはいったいどんなものなのか気になるところです。

痛風の初期症状が出るのは、ほとんどの場合夜中から明け方に出ることが多く痛みは親指やつま先などに生じるとされています。

その痛風の前兆は人によって個人差がありますが、始めは足のつま先や指が熱を持って腫れているように感じたりあるいは赤く腫れあがり鈍痛を感じたり、足をどこかにぶつけたような痛みがあるとされています。

その状態で通風であることに気づけばよいのですが、その初期症状から今度は飛び上がるほどの激痛が生じるようになるので注意が必要です。

ただ、人によっては前兆があらわれることなく突然激痛に襲われる人もいますので、痛風発作を起こす前に早めに対処していくのが望ましいと言えるでしょう。

基本的には病院などの医療機関で診察を受け、適切な治療を受けるのが良いでしょう。

軽度であればすぐに症状が落ち着くこともありますが、あまりに重傷だと治療にも時間がかかってしまうことが考えられます。中には、2週間以上痛みが続くこともあるとされていますが、だいたいは処方された薬を2~3日服用すれば腫れや痛みも次第に引いてくるとされているようです。

痛風の初期症状を放置してしまうと、再度強い痛みに襲われることがありますので足のつま先や親指に違和感を感じたらまずは医療機関で診てもらうように心がけるのが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す