子どものアトピーの治療について

43f78079636d37633d1e1892c9327dd0_s

アトピー性皮膚炎はアトピー体質やストレスに弱い性格、不摂生な食習慣、乾燥肌などいくつかの要因が重なることで発生します。そのため、これらの原因を一つずつ解決することで子供のアトピーを自分自身のセルフケアで治すことが出来ます。

要因のほとんどは乾燥肌のため、基本は保湿で体質改善を行います。薬の塗り方として、皮膚科などで処方されるステロイドや保湿剤を人差し指の第一関節まで出してそれを患部部分にやさしく塗っていくだけです。副作用が出てしまったとしても医師の判断を仰いだ上で処方回数を守り、徐々に炎症が治まるまで続けることが大切です。

また、フケや垢、かさぶたの新井残しなどは皮膚に汚れを残す原因となるため、様子をみてやさしく体を洗い使用した外用薬も落ちるように洗い流していきます。

季節や環境によって悪化と軽減を繰り返す病気で乳幼児に多く大人になってから治ったり、逆に大人になってから発症する人も増えています。ステロイドや保湿で体の外側から患部の炎症を治しつつ腸内環境を改善して胃腸を強くすることで体の内側から免疫力を高めて治すという二つの方法があります。

アトピーの人はお腹の善玉菌が少なかったり弱いため、善玉菌を積極的に取り入れることで腸の働きや消化が活発になりアトピーも同時に改善することが出来ます。また、身体の水分を保つヒアルロン酸を補給することで肌を潤すことも出来ます。おすすめはアトケアプロ

子供から大人までこれらの方法を試すことで改善に繋がります。

コメントを残す