乾燥肌にならないために!押さえておきたい!洗顔ポイント?

美容 イメージ

乾燥肌にならない洗顔をこころがけるには、まず「ゴシゴシ」と強く肌をこすらないことです。ゴシゴシ洗いのほうが、毛穴の奥の汚れまで落ちそうな気がしますが、肌の角質を痛め、乾燥肌などのトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

一番肌に刺激を与えずに洗顔する方法は、たっぷりと柔らかく泡立てた泡を使用することです。洗顔料を泡立てネットなどで泡立てます。目指す泡は、きめ細やかくモッチリとした泡です。その泡を顔全体になじませます。泡をクッションにして掌で顔を柔らかく泡で洗顔します。それだけで、泡が汚れを吸着してくれます。ゴシゴシとこする必要はありません。

アイラインやアイシャドウなど、ばっちりメイクをした時には、泡洗顔だけではスッキリ落ちない場合もあります。

 

乾燥肌の人に試してもらいたいのが「ワセリン」を使ってメイクを落とす方法です。ワセリンは、もともと肌を守るための保湿効果が優れているので、乾燥肌の人も安心して使用できます。

使い方は簡単で、メイクの上からワセリンを塗り、浸透してからコットンなどでふき取るだけです。泡を洗い流した後のタオルの使い方にも注意が必要です。顔の上からそっと押しあてるようにして、タオルに水分を吸収させます。ここでもゴシゴシとこすらない事が重要です。

また、特に乾燥が気になるときの朝の洗顔は、水だけで洗いましょう。水だけで洗顔すると、肌のべたつきが気になる人もいるかもしれませんが、皮脂には肌を守る機能もあるので、洗い流し過ぎないことも大切です。肌に優しい洗顔料で人気のファーストクラッシュもオススメです。時短できるので、その分負担も少なくなるはずです。特に高校生にはピッタリのアイテムですね。さらに詳しくは下記のサイトを参考にしてくださいね。

参照 ファーストクラッシュ VS ルナメアAC?高校生がニキビを治すならどっち?比較体験レポ

コメントを残す