シミに効果的な基礎化粧品は化粧品の特徴から選ぶ?

7e9fa84dc1f97981f7339561eb62db35_s

紫外線を浴びると日焼けして、シミができやすくなります。シミ対策のために、コスメを選ぶときは基礎化粧品の成分に注意します。美白効果がある成分が入った、化粧品を選びましょう。

エステサロンでもよく使われている成分が、ビタミンC誘導体です。抗酸化作用が強い、ビタミンCを皮膚に浸透しやすくしたものです。メラニンを還元するので、日焼けした肌に使うとシミ対策になります。

もうひとつの成分がアルブチンです。アルブチンは、シミのもとになるメラニンが活発にンる前に酵素チロシナーゼを抑制してシミを防ぎます。

日焼けした後は、アフターケアーが大切です。日焼けをした後は、肌が傷つき、水分が少なくなっています。敏感肌の方でなくても、化粧水がしみたり肌荒れを起こす可能性があります。ヒリヒリしてしているときは、敏感肌用のローションで冷やします。そして、刺激の弱いクリームを付けておきましょう。

酵素洗顔や、マッサージのような攻めの美容対策は、避けることが大切です。このような美容対策は美容ハンターを参考にしてみてくださいね。

シミ予防や、美白対策の成分が入っている化粧品でも肌に合うかどうかはわかりません。最初に購入するときは、お試しサイズのようなミニサイズを選びます。腕の内側で試してみて、トラブルがなければ使いましょう。

シミ対策化粧品を使うときは、洗顔にも注意が必要です。しっかりと汚れが落ちていないと、浸透が悪くなります。シンプルな固形石鹸が、使いやすいので洗顔は保湿より汚れを落とすことに専念しましょう。

コメントを残す