多汗症の治療の費用はどれぐらい?

86a6adbc65fb9846866e2783999474fb_s

夏場等の暑い時期に、汗をかいてしまうのは自然な事です。ですが日常生活に支障を来すレベルで汗をかいてしまう人が中にもいるので、そういった人は多汗症を疑う必要があります。特に運動をした訳でも、暑いと感じている訳でもないのに、不自然な程に汗をかいてしまう人は、多汗症である可能性が高いので、治療に踏み切る必要があるのです。

そんな多汗症の主な原因として考えられるのが、精神的なストレスによるものだったりします。人前に出たり、大事な試験の直前等では、緊張して汗をかいてしまう人は少なくないです。ですが多汗症の人は、家で寛いでいる等の何もない状況でも身体の方が勝手にストレスを感じたと錯覚して、汗をかいたりします。更に他人と一緒にいる時に、汗をかくかもという不安がストレスになり、症状を誘発するという悪循環を生み出します。なのでまずは、精神的なアプローチによる治療を行うという方法が有効です。

ですがそういった精神的なアプローチでも改善されない場合は、汗を出す汗腺の働きを鈍らせるという形で、多汗症の本格的な治療を行う事になります。その際、ボトックス注射を行う事により、メスを使用する事なく、症状を改善する事が可能です。しかもこの治療法ならば傷跡も残らず、短時間で終了するので手軽に受ける事が出来ます。ただし注意点としては、数か月から1年程で効果が切れるので、再び治療を受ける必要が生じるのです。

なので気になるのが、費用ですが、現在ボトックス注射は、症状の重い脇の多汗症に対する治療であれば、保険が適用されます。なので費用は、3割負担で済むケースが多いです。

コメントを残す